クレジットカードの審査基準と対象

クレジットカードを作る際には審査を受けなければなりません。クレジットカードは後払いとなっており、支払い日まではカード会社からお金を借りているということになります。お金が無いのに買い物をすることも可能である為に、カード会社にとってはリスクが生じるものとなっています。そういったリスクを軽減する為にも信用出来る人物にクレジットカードを発行したいと考えています。その為に行われる審査であるので、経済力や社会的信用度をチェックされます。年収や勤続年数から勤め先や雇用形態に至るまで、収入の多さと安定性を徹底的に審査されます。年収は200万円以上無ければ作成は難しく、勤続年数も1年以上で無ければ審査に落ちることがほとんどです。勤め先は大企業であれば最も良い評価を受けて、自営業や零細企業であれば最も低い評価を受けます。また、お金を借りたいお金を借りると思っても、過去に借金を滞納した記録があっても審査に不利になるので、日頃から良識ある行動を心がけることが大切です。